先日お客様よりお預かりさせていただいたパソコンにて0xc000014cエラーで起動しないという症状を確認しました。
もともとwindows7がインストールされていたPCでwindows10へアップデートして利用されていたようです。
どのような経緯で今回のエラーになってしまったのかは不明ですが、上記のエラーが出てまったく起動できない状態でした。
スクリーンショットが無く申し訳ないのですが、エラーコードとともに「BCDが見つかりません。」というような記載がありました。
状況から、ブート領域(windowsを起動するために必要な領域)に問題があると推測されます。

 

●対処法
今回は詳細ブートオプションを開く事すらできない状態でしたので、別のPCにてwindows10のインストールメディアを作成しました。
作成方法はこちらのページからISOファイルをダウンロードしディスクに焼くか8GB以上のUSBメモリへ書き込むことで作成が可能です。
(ツールをダウンロードして指示通りに進めていくだけですのでそれほど難しい作業ではありません。)

作成したインストールメディアから起動し、「スタートアップ修復」を行ったところ無事起動しました。

 

●その後
起動自体は問題ありませんでしたが、起動後HDDの使用率が常に100%の状態に。
この症状自体はwindows10で良く起こる症状なのですが、原因が多数考えられるため、なかなか特定が難しい症状です。
今回はどうやらwindows10の大型アップデート「バージョン1803」へのアップデートが失敗している事が原因だったと思われます。
アップデート失敗→再度ダウンロード→アップデートを何度も繰り返している状態で常にHDDへアクセスを行っていました。
何度かアップデートを繰り返していたところ、無事アップデートが行われHDD使用率100%の問題も解決。
なぜ、急にアップデートが正常に完了したのか原因が不明な点はすっきりしませんが、0xc000014cエラーで起動しなかった症状もwindowsアップデート絡みの問題ではないかと推測されます。

このような症状についても訪問サポートを行っております。
同じ症状で悩んでいらっしゃる方はお気軽にお問い合わせください。

PCSQUARE =ピーシースクエア= 出張料金無料・定額制パソコンサポート
TEL:059-261-6478

※対象エリア 三重県 津市・松阪市・鈴鹿市
対象エリア外も地域によっては対応可能ですのでお気軽にお電話にてお問い合わせください。

カテゴリー: お役立ち

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です